借金返済 弁護士 司法書士

全国や地方在住の人が借金・債務の相談するならこちら!

借金返済の悩み

借金の金額が増えすぎて返済がつらい…。
債務整理して、借金の辛さから解放されたい…。
もしそう思っているなら、できるだけ早く司法書士・弁護士に相談を。
弁護士・司法書士が探してくれる解決策で、督促がSTOPしたり、毎月の返済額が減ったり、などいろいろな恩恵を受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所や法律事務所もたくさんあります。
ここではそれらの中で、全国や地方にも対応している、お勧めの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
また、全国や地方にある他の法務事務所・法律事務所もピックアップしているので、それらも参考にしてみてください。
借金の問題は、1人で解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知恵や知識を借りて、解決策を探しましょう!

債務整理・借金の相談を全国や地方に住んでいる方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の多重債務・借金返済の悩み相談なら、コチラの事務所がおススメ。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いもOK。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金取り立てのSTOPもできます。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、債務や借金について無料で相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談受付できるので、お金に悩んでいる人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、債務・借金の問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたにピッタリのやり方で借金や多重債務の問題を解決していきます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から支払を清算できます。
任意整理でも、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、安く解決することが可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人でも安心です。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

全国や地方に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするなら、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットでできる借金解決のための診断ツール。
簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料で、匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、全国や地方の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
債務・借金の悩み、匿名&無料で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の全国や地方近くの弁護士・司法書士の事務所を紹介

他にも全国や地方にはいくつかの法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてください。




地元全国や地方の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、相談しやすいのではないでしょうか。

借金返済問題に全国や地方に住んでいて弱っている人

借金が多くなりすぎて返せなくなる理由は、ギャンブルと浪費が大半です。
競馬やパチンコなどの依存性のあるギャンブルにのめり込み、お金を借りてでもやってしまう。
しだいに借金はどんどん膨らんで、返済できない額になってしまう。
もしくは、クレジットカードやローンなどでブランド物や高級品を買い続け、借金も日増しに膨らんでいく。
車やバイクの改造など、金のかかる趣味につぎ込んでしまうのも、「浪費」の内に入るでしょう。
自己責任でこさえた借金は、返済しなければなりません。
しかし、高い金利もあって、返済が辛いものがある。
そういった時にありがたいのが「債務整理」。
弁護士や司法書士に相談して、お金・借金の問題の解決に最も良い策を見出しましょう。

債務整理のデメリットって?|借金返済

債務整理にも多くの手法があって、任意で消費者金融と話しあう任意整理と、裁判所を介した法的整理である個人再生又は自己破産などのジャンルが有ります。
じゃこれ等の手続きについてどのような債務整理デメリットがあるでしょうか。
これ等の3つの進め方に同様にいえる債務整理デメリットと言うのは、信用情報にそれら手続きを進めた事実が掲載されるということですね。俗に言うブラック・リストという情況に陥るのです。
すると、ほぼ5年〜7年の期間は、ローンカードが創れなかったり又は借入れが出来なくなるのです。だけど、貴方は支払に苦しみぬいてこの手続きをする訳だから、暫くは借入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。
クレジットカード依存にはまり込んでいる人は、むしろ借り入れが出来なくなることでできない状態になる事により助かると思われます。
次に自己破産または個人再生の債務整理のデメリットですが、官報にこれ等の手続をやった事が記載されてしまう事が挙げられるでしょう。しかしながら、あなたは官報等読んだ事が有るでしょうか。むしろ、「官報ってどんな物?」という人のほうが多数ではないでしょうか。
実際、官報は国が発行する新聞に似たような物ですけれど、クレジット会社等の極一部の方しか見てません。だから、「破産の実情がご近所の人に広まる」などという事はまず絶対にありません。
最後に、破産特有の債務整理の欠点ですが、一度自己破産すると七年間は2度と破産は出来ません。これは十二分に留意して、2度と自己破産しなくても大丈夫なようにしましょう。

個人再生って、弁護士と司法書士、どちらに依頼する?/借金返済

個人再生を実施する場合には、司法書士または弁護士に依頼を行う事ができます。
先ず、司法書士に個人再生の手続きを委ねる時は、書類作成代理人として手続をしていただくことが出来ます。
手続きをやる時には、専門的な書類を作ってから裁判所に出すことになるのですけれども、この手続きを一任するということができるから、ややこしい手続きを実施する必要が無くなるのです。
しかし、司法書士の場合では、手続きの代行はできるのですけども、代理人じゃないので裁判所に行った場合に本人にかわり裁判官に受答えをすることが出来ないのです。
手続きを実施していく中で、裁判官からの質問を受ける時、御自身で答えなければいけないのです。なりません。一方、弁護士の場合、書類の代行手続だけでなくて、裁判所に出向いたときに本人に代わり返答を行ってもらうことができます。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続に慣れている状態になるから、質問にも適切に答える事ができるから手続きがスムーズに進められるようになってきます。
司法書士でも手続をすることはできるのですが、個人再生においては面倒を感じず手続きを行いたい時に、弁護士に依頼を行っておく方が安堵出来るでしょう。

関連ページ